【ウイルス対策】マスクのつけ方・捨て方の正しいやり方紹介

こんにちは、サボテンです。

最近コロナウイルスで連日ニュースになっていますが

みなさんはちゃんと対策しているでしょうか?

今回は、ウイルス対策でおなじみのマスクの正しいつけ方・捨て方について紹介します!

 

正しいマスクのつけ方


ここでは市販の不織布製のマスクの正しいつけ方を紹介します

 

  1. マスクをつける前にしっかりと手を洗う
  2. マスクのひもが外側に向くようにつける
  3. マスク表面のひだを伸ばして鼻からあごまでしっかり覆う
  4. 鼻の部分はワイヤーを折り曲げて隙間のないようにする

 

これが正しいマスクのつけ方です

 

マスクをはずすときは

マスクの表面には触れないで耳をかけているゴムの部分のみをもってはずしましょう

 

 

 

正しいマスクの捨て方


 

このように捨てることでウイルスの拡散を防ぎます

マスクを捨てた後はかならず手を洗いましょう

 

おまけ:マスクは効果があるのか?


マスクの正しいつけ方・はずし方を紹介しましたが、果たしてマスクをつけることで効果があるのでしょうか?

調べてみたところWHOはマスクの科学的効果はないと発表しているようです

ただ満員電車など密閉していて空気が換気ができないような場所では効果があるそうです

屋外や空気の換気がしっかりしている場所では効果がないようですね

 

マスクは自分自身がウイルスをもっているときは拡散防止の効果があります

なので熱や風邪をひいている場合はマスクをつけましょう

 

まとめ


マスクの正しいつけ方・捨て方はわかっていただけましたか?

コロナウイルスの感染はどこまでつづくかわからないのでしっかりとマスクの使い方をマスターしましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です