ロケットブックエバーラスト使ってみた感想&商品紹介【おすすめ文房具】

こんにちは、サボテンです。

今回は「Rocketbook Everlast(ロケットブック エバーラスト)」という商品を紹介します!

全米のクラウドファンディングで文具部門で過去最高の4.8億円を集めたノートらしいですよ

1か月間使ってみたので細かく紹介していこうとおもいます

はじめに言っておくとかなりおすすめの商品です!

ロケットブック フュージョン Everlast 全米で記録を塗り替えた 消せる 何度でも使用できる ノート Notebook エバーラスト Rocketbook fusion 電子ノート 電子メモ帳 note 保存 Dropbox Evernote Google OneNote エバーノート スマートノート 2サイズ

価格:5,480円
(2020/2/2 09:15時点)
感想(1件)

 

 

どんな商品なのか?


エバーラストは一見ただのノートに見えるかもしれません

しかしただのノートではないんですね

簡単に特徴をまとめると

  • 半永久的に使える
  • アプリを使えば簡単にデジタル化できる

です

半永久的に使えるとは?

このノートはホワイトボードのように書いたものを簡単に消すことができます

ホワイトボードは専用の消すものがありますが

エバーラストはをつかって簡単に消すことができます

水で濡れている布やウエットティッシュでOKです

たった一回拭いただけでこれだけ消すことができます

簡単ですね

 

 

アプリを使えばデジタル化

このエバーラストには専用のアプリがあります

アンドロイドでもアイフォンでもインストールできます

できたらノートをアプリでスキャンすればデジタル化できます

 

 

大きさ・種類


エバーラストの種類は3つあります

私はノートサイズを使っています

それぞれ用途によって使い分けるのもいいですね

ノートサイズとキャンパスノートを比べるとこんな感じです

ノートサイズはちょっと大きめなので手帳サイズぐらいがいいかもしれません

 

 

値段は高いのか?


ノートサイズは5000円超えですがこの値段ははたして高いのでしょうか?

実際に計算してみます

 

エバーラストは1000回以上つかえて、ページ数は32ページあります

よって32000ページ使うことができます

キャンパスノートは約60ページあります

32000÷60=533.3333333 となります

これはキャンパスノート533回分使えるということになります

キャンパスノート1個の値段は約100円だとすると

533×100=53300円となり約5万円ですね

 

なんと約10倍お得ということになります

まあ1000回も使う人はあんまりいないかもしれませんが

それでもぜんぜんお得ですね

 

使うときの注意点


まずエバーラストにはフリクションボールペンしか使えません

理由はほかのボールペンでは水で消せないからです

まあフリクションだったらなんでもいいので別に気にすることはありません

 

つぎに水で拭いた後に注意すべきことなんですが

水で拭いた後は乾いている布などで乾拭きしたほうがいいとおもいます

水で拭いてすぐ閉じてしまうとすこし後が残ることがあるからです

つぎ使うときに目立ってしまいます

 

エバーラストを使った感想


エバーラストを約1か月間つかってみていろいろわかったことがあります

まず水に濡れても大丈夫なので雨の日にかばんが濡れても普通のノートとは違い湿ったりはしません

なので雨の日でも安心です

二つ目はこのノート1つで足りるので荷物がすこし減りました

ノート提出があるときはつかえませんがそうでないときはつかうといいですよ

数学などで計算するときなども役に立ちます

私は理系なのでわかるんですが計算用紙はかなり使うので紙の無駄なんですね

でもエバーラストをつかえば自然にもやさしいです

 

最後に


エバーラストは大企業でも社員に持たせているところもあります

おそらく今後の日本でもどんどん使われていくと勝手に予想しています

なのでこれを機にみなさんも買ってみてはいかがでしょうか?

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です