【バレーボール】セッターポジションとは?

こんにちは、サボテンです。

今回はバレーボールのセッターポジションについてバレーボールを知らないという人にもわかりやすく紹介していきます!

すぐ読めるのでぜひ最後までご覧になってください!

セッターの写真

セッターの役割


まずセッターのいちばんの役割はトスをあげることです!

トスとは簡単にいうとスパイカーに打たせるためにあげるパスのことです

バレーボールでは基本的に

レシーブ → トス → スパイク

という流れを繰り返します

例外はありますが基本的にこの流れで試合をします

なのでセッターはコートにボールがきて2回目にボールをさわります

 

二つ目は試合を組み立てることです

セッターがどこにトスをあげるかで試合の流れが変わったりします

バレーボールのセッターはあまり目立つことはありませんが、とても難しく重要なポジションです

チームが優勢の時にはトリッキーなトス回しで相手を翻弄し

劣勢の時やスパイカーの調子が出ない時は

トスで選手を立ち直させる、まさに司令塔です

セッターのトスの正確さとトス回しが試合の流れを作るのです

 

セッターをする上で大事なこと


セッターをするときに大事になってくるのは

正確なトスができるかどうかです!

セッターが下手なチームは必ず弱いです

石川祐希がいれば話はかわりますが、、

逆にスパイカーはセッターが違えばスパイクの精度がかわります

とにかくセッターをやるうえでトスはかかせないので

これからセッターをやろうと考えている方は暇さえあればトスの練習やオーバーパスの練習を

することをおすすめします

バレーボールの写真

 

セッターに向いている人


まずトスが上手い人はやるべきですね

セッターはチームの要といっても過言ではありません

そうゆうポジションでやるのもたのしいとおもいます

 

あとは常に冷静でいられる人もセッターに向いてます

セッターがあたふたしたり、熱くなりすぎて暴走したら試合になりません

セッターが冷静でいることができないと、ゲームメイクができないばかりか、正確なトスさえあげる

ことができなくなります

ボールの軌道をコントロールできなくなったら、トスを上げる意味がなくなります

 

最後に


確かにスパイカーはかっこいい

けど、敵のブロックを欺いて

スパイカーの前の壁を切り開く

難しくてかっこよくて面白いのがセッターだ!

わかる人にはわかる

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です